FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX

マネーパートナーズは約定力No.1

FXサービスパフォーマンステスト((株)矢野経済研究所)においてスリッページ発生率0%、約定率100%を獲得!

当社は、株式会社矢野経済研究所が2010年8月23日(月)~9月3日(金)にかけて実施したFXを取扱う主要15社のFXサービスパフォーマンステストにおいて、「スリッページ発生率」0%、「約定率」100%という、想定される最高の結果を獲得しました!またこれにより、「お客様の意図するタイミング・価格での取引を実現する力」、すなわち「約定力」において、主要FX取扱会社15社中「No,1」であることが第三者調査機関により証明されました!

FX取引では、利用するFX業者・サービス等により、スリッページや約定拒否が発生する場合がございます。スプレッドや手数料が他社よりも優位に提示されていたとしても、FXの取引中にスリッページや約定拒否が発生し、お客様が意図するタイミングや価格で約定が成立しないことは、相場変動時に絶好の収益機会を逃してしまったり、また損失を生じてしまう危険性があり、お客様にとって非常に大きなリスクとなります。

規制が施行、レバレッジに上限が定められ、スプレッドも各社が競い合った結果ほぼ横一線状態となったFX業界では、使用するFX会社のサービスにおいて、お客様の意図するタイミング・価格での取引が可能か否か、すなわち「約定力」が、FX会社を選ぶ上で最も重要なポイントとなっております現在、お客様には是非とも安心して、No,1の「約定力」を誇る当社FXサービスをご利用頂ければ幸甚です。

≪FXサービスパフォーマンステスト詳細≫
テスト項目は2つで、期間はニ週間。それぞれ「USD/JPYにおいて、一週間で計200回の発注を行なう」形式で実施。尚、一週目は「スリッページ発生を許容した場合のスリッページ発生率」を調査し、二週目は「スリッページを許容しなかった場合の約定率」を調査することで、主要FX取扱会社の各FXサービスで、お客様の意図するタイミング・価格での取引が可能か否かを調査した。

スリッページ発生率調査

スリッページ発生率調査
クリックすると拡大します

約定率調査

約定率調査
クリックすると拡大します

 

マネーパートナーズでは、今後もスリッページや約定拒否が発生せず、相場変動時もクリックしたレートで即約定する、公平かつ価格の透明性の高いFXサービスを提供し続けることで、お客様にとって不可抗力である「業者側の都合によるリスク」を排除すると共に、お客様の更なる利便性を追求し、取引環境の改善を行ってまいります。


株式会社矢野経済研究所

1958年に創業されたマーケティング・リサーチ分野のパイオニアであり、最古参の大手市場調査会社。その調査レポートは、客観性、中立性の堅持を経営理念とするその堅牢な姿勢で、日本を中心にアジア圏のあらゆる業界からの信頼を得ている。

このページの先頭へ