FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX


HyperSpeed NEXT

特殊注文(トレール注文・時限成行注文)に関する注意事項

特殊注文(トレール注文、時限成行注文)共通

  • 特殊注文(トレール注文、時限成行注文)は決済注文のみ可能です。
    注文時に決済可能数量が拘束され、特殊注文が出されている建玉への指値・逆指値の決済注文は出せません。
    ストリーミング・AS・成行(全決済・一括決済)での決済はできます。
    その場合、特殊注文は自動的に取り消されます。
  • 特殊注文はHyperSpeed NEXTからのみ注文、変更、取消が可能です。
    HyperSpeed NEXT以外からの特殊注文の変更、取消はできません。
    お客様は特殊注文の状況をHyperSpeed NEXTの「特殊注文照会」画面からのみ確認できます。
    通常の注文照会画面には表示されません。NEXT以外のチャネルでの確認もできません。
    約定した特殊注文は、NEXT以外のチャネルにおいても「成行」として照会画面に表示されます。
  • 取消、不成立を通知するメールは送信されません。
  • 特殊注文の条件がヒットして成行注文が執行された時に何らかの理由で約定しなかった場合、特殊注文は自動的に取消となります。
  • 特殊注文はお客様一人当たり40件(トレール20件、時限成行20件)までとさせていただきます。
    また、お客様全体の受注件数によっては特殊注文が受け付けられない場合があります。

トレール注文

  • 有効期限は無期限(GTC)のみとなります。
  • トレール注文の観測は数秒に一度の間隔で行われ、トレール価格(成行注文が執行される価格)の変更の判断および成行注文発注の判断が行われます。
  • トレール価格の変更は、観測時点においてトレール価格が1pip以上変動する場合に行われます。
    (1pip未満の値動きでは更新されません。)
  • 実際のレートの高値・安値から計算されたトレール価格よりも実際のトレール価格が不利になる場合があります。
  • 成行注文の発注は、観測時点におけるレートが、トレール価格と同じまたは不利であった時に執行されますので、トレール価格よりも約定価格が不利になる場合があります。
  • トレール幅の指定は5pips以上500pips以内となります。
  • トレール開始は即時開始と開始価格の指定が可能です。
  • トレール開始価格の指定は、注文時のレートの上下50%以内となります。
  • トレール注文が売りの時:観測時点におけるBIDレートがトレール開始価格以上になったときにトレール開始となります。
    トレール注文が買いの時:観測時点におけるASKレートがトレール開始価格以下になったときにトレール開始となります。
  • トレール開始時点でのトレール価格は「トレール開始価格-トレール幅」ではなく、トレールが売りの時:「トレール開始となったBIDレート-トレール幅」 トレールが買いの時:「トレール開始となったASKレート+トレール幅」
  • トレールが開始されると注文の変更はできません。一度取消して新たな注文を入れる必要があります。

時限成行注文

  • 1分単位での注文が可能です。
  • 毎分10秒に観測し、該当する注文を成行で執行します。(例:19:00の注文の場合は19:00:10頃に成行発注)
  • 指定可能な時間は、10分後~30日後までとなります。
  • 毎営業日のClose10分前からOpen前までの指定はできません。(Closeが5:55なら5:44まで可能、Openが6:10なら6:10から可能)
  • 特別日(クリスマス等)は考慮せず受け付けられますが取引時間外に成行が執行された場合には自動的に取消となります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ