FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

約定力とは、一言でいえば、「きちんと取引を成立させられる」力のこと。
約定力が高いと表示されているレートできちんと注文が成立するため、約定価格のズレや約定拒否による不成立のストレスもなく、安心してFXに取り組めます。

※PCからのPFXストリーミング注文は当社独自の非スリッページ仕様となっているため、スリッページ・約定拒否ともに発生いたしません。
※お客様の通信状況等により提示したレートの有効期限が切れてしまった場合や、不正なツール等により注文ボタンをクリックされた場合は有効な注文として受け取ることができません。

questionマーク

たとえば、米ドル/円が次の価格のときに取引を行う場合、約定力の差によって、どのような違いが生じるでしょうか?

約定力100%のマネパなら

一方、約定力が低い場合


クリックした価格からズレた価格で取引成立…価格がズレて取引成立してしまう事を「スリッページ」といいます。
※上記の例では、仮に10万ドルを購入していた場合、スリッページだけで1,000円分のズレに相当します。

または、

question

狙ったタイミングで、取引成立せず…クリックしたのに取引が成立しないことを、「約定拒否」といいます。
※新規注文の場合は、約定拒否された後で思惑通りに相場が動いたとしても、取引自体が成立していない(=建玉がない)ため、利益を得ることはできません。
※決済注文の場合は、狙ったタイミングで取引が成立しないと、利益を失ったり、損失が拡大する可能性があります。

このように、FX取引では、約定力によって、取引の結果が変わってくる場合があります。

あらためて、約定力について説明します。

マネパの「100%の約定力」とは、お客様がクリックした価格どおりの取引を実現する力です。

約定力が低いと注文した価格と実際の成立価格にズレが生じることがあります。この価格のズレを「スリッページ」といいます。
価格のズレだけでなく、相場が乱高下している時には、取引自体が成立しないこともあります。これを「約定拒否」といいます。

スリッページや約定拒否の有無は、トレードの成績にも影響してくる大切な要素です。
見かけのスプレッドが狭くても、スリッページにより結果的に取引コストが増大していた、というようなこともありますので、狙った通りの取引をしたい場合は約定力にもご注目ください。

マネパのPFXは、数あるFX会社の中でも珍しい
「非スリッページモデル(※)」を採用しています。
マネパの「約定力」をFX取引にぜひご活用ください。

※PCからのPFXストリーミング注文は当社独自の非スリッページ仕様となっているため、スリッページ・約定拒否ともに発生いたしません。
※お客様の通信状況等により提示したレートの有効期限が切れてしまった場合や、不正なツール等により注文ボタンをクリックされた場合は有効な注文として受け取ることができません。