FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

2016年オリコン 日本顧客満足度調査 FX取引 顧客満足度第1位

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > お客様サポート > よくある質問 > 入出金について > マイナスの残高となる通貨が存在するため、資金振替は実施できません」と表示され 振替・移動ができません。どうすれば、振替・移動ができますか?

お客様サポート

スタートアップガイド

入出金について

マイナスの残高となる通貨が存在するため、資金振替は実施できません」と表示され 振替・移動ができません。どうすれば、振替・移動ができますか?

マイナス残高となっている通貨の残高を、下記の 2 つの方法のいずれかで解消(0円以上に)していただく必要がございます。

  1. マイナス残高となっている通貨を新たにお振込していただく。 
  2. パートナーズ FX 口座「旧 WEB 取引画面(両替)」から外貨両替を行っていただく。

なお外貨両替によるマイナス残高の解消方法は、下記手順をご参照ください。


■ 外貨両替の方法(日本円を使って米ドルのマイナス残高を埋める場合)

  1. 「会員専用サイト」→取引メニュー内「旧 WEB 取引画面(両替)」  
  2. 「口座照会・両替」→「外貨両替」→「次へ(外貨両替手続き画面へ)」
    (外貨両替の画面が表示されます) 
  3. 「支払い」の元通貨として「JPY」を選択し、金額は空欄のまま
  4. 「受け取り」の対価通貨に「USD」を選択し、表示されている米ドルのマイナス金額を、【マイナス記号を省いて】入力
  5. 「次へ」 をクリック(外貨両替の確認・実行画面が表示されます) 
  6. 内容を確認し「外貨両替実行」 をクリック
※外貨両替レートは、リアルタイムのレートに±20pips された外貨両替独自のレート(マイナスのドル残高を解消する場合は、そのときのドル円のレート(Ask)に+20 銭)となります。


なお、お客様の口座にマイナス残高が発生する要因は下記のようなことが挙げられます。

  1. 代用有価証券を使ってFX取引を行い、損失が確定したとき
  2. 自動円転設定をせずにユーロ/米ドルやポンド/米ドルなどのストレート通貨ペアを取引し、損失が発生した場合(自動ロスカット含む)
マネーパートナーズではストレート通貨で取引を行った場合、ドルで損益が確定します。
この発生するドルの損益を自動的に円の損益へと外貨両替するシステムのことを、自動円転設定といいます。

お客様が手動で行われる外貨両替の場合には、一通貨単位につき20 銭相当のコストが発生しますが、自動円転設定を行っている場合にはこのコストは発生いたしません。

≪設定方法≫
パートナーズFX WEB 取引画面の「各種設定」→「自動円転設定」画面にて自動円転設定の「する」にチェックを入れ「設定変更」ボタンをクリックしてください。

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > お客様サポート > よくある質問 > 入出金について > マイナスの残高となる通貨が存在するため、資金振替は実施できません」と表示され 振替・移動ができません。どうすれば、振替・移動ができますか?