FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > お客様サポート > よくある質問 > 外貨両替、現受け・現渡しについて > 外貨両替と現受け・現渡しの違いがよく分かりません。
お客様サポート
スタートアップガイド

外貨両替、現受け・現渡しについて

外貨両替と現受け・現渡しの違いがよく分かりません。

外貨両替とは?
外貨両替とは、FX取引とは異なり、パートナーズFXのリアルタイムレートに±20pipsされた両替レートで、お預入いただいている証拠金を取扱い通貨に両替出来るサービスです。
なお、外貨両替には金額の制限がないため、仮に、100通貨未満の外貨への両替を希望される場合には、外貨両替サービスをご利用ください。

現受け・現渡しとは?
現受けとは、パートナーズFXまたはパートナーズFXnanoの建玉時のレートで外貨を受渡しするサービスです。
FX取引では通常、差金決済(反対売買)により取引を終了することになりますが、外貨の買いの建玉を保有していればその取引数量相当の日本円をお預けいただくことにより、現受け(外貨をお客様にお渡しすること)が可能となります。
反対に、外貨の売りの建玉を保有していればその取引数量相当の外貨をお預けいただくことにより、現渡し(円貨をお客様にお渡しすること)も可能となります(パートナーズFXのみ)。
※外貨同士(例:ユーロ/ドル)のFX取引をした場合、対価となる外貨の現渡しも可能です。

なおパートナーズFXにおける現受け・現渡しは1万通貨単位、パートナーズFXnanoにおける現受けは100通貨単位となります。1通貨単位当り0.1円の手数料が必要となります。
詳細はこちらです。

※パートナーズFXnanoでは現受けのみ可能です。また一度にできる現受けの上限が10万通貨までです。
※ZAR(南アフリカランド)、TRY(トルコリラ)は現受け・現渡しの対象外となります。
※実行した現受け・現渡しを取り消すことはできません。


このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > お客様サポート > よくある質問 > 外貨両替、現受け・現渡しについて > 外貨両替と現受け・現渡しの違いがよく分かりません。