FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

FRBの無制限QEが新興国通貨を救う

2020年03月27日

【新興国通貨は一時歴史的な安値に下落】

先週はコロナウィルスの感染拡大を受けて資金が資産市場から急速に現金に向かう動きが加速しました。その中で有事のドル買いが復活し、ドルが全通貨に対して非常に強くなりました。
先進国通貨ではポンド、豪ドル、ニュージーランドドルに対してドルは上昇、新興国通貨も大きく売り込まれドル高新興国通貨安が加速しました。
対ドルでインド、メキシコ、ブラジル、南アフリカは史上最安値まで下落、トルコリラも2018年8~9月の通貨危機以来の安値まで下落しました。
ただ今週は23日に多くの通貨が対ドルで最安値まで下落後、週後半にかけてドルの下落、新興国通貨の上昇の流れとなっています。
米国の中央銀行であるFRBは政策金利のFFレートの誘導目標を0~0.25%と事実上のゼロ金利政策をとり、資産買い入れ政策を復活するとともに、短期金融市場にレポオペ(国債などの担保を受け取り資金供給をすること)によって大量のドル資金を供給することで市場のドル不足を解消しようとしました。
それでもドルの上昇が止まらないとみると23日に再開した量的緩和政策で米国債などの資産を無制限に購入すると宣言したことでマーケットが反応し、そこからドルの下落トレンドとなりました。

新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント



【トルコ中央銀行の金融政策は力不足か?】

そのような中で3月17日にトルコ中央お銀行は緊急の金融政策委員会を開催しは金融政策のパッケージを打ち出しトルコ経済のサポートを行いました。
政策は、政策金利の1週間物レポレートを1%引き下げて9.75%に、翌日物ファシリティによる無制限の流動性供給、31日物レポオペレーションによる資金供給、プライマリー・ディーラーに対する公開市場操作での流動性供給枠の増額などです。
トルコ中央銀行は、流動性の供給、外貨不足に対処する措置、資金繰りが困難な企業に対する金融支援などの措置を政策パッケージに織り込みました。
このような政策にもかかわらずトルコの経済現状は芳しくない状態です。トルコは欧州との経済関係が深く、現状のように欧州経済が減速する中ではトルコ経済に大きな減速圧力になります。
加えてトルコは観光産業が大きなウェートを占めているために、観光客の減少が経常収支に悪影響を与えトルコの経常収支の赤字を拡大させる可能性が高くなります。
このような現状を考えるとトルコ中銀のパッケージが実体経済を押し上げる力には限界があり、今後の経常収支の悪化はトルコリラのさらなる下落を招く恐れがあります。

TRY/JPY4時間足BIDチャート

【トルコリラ円の予想】

トルコリラ円は3月9日の安値16.261円から25日に17.449円まで上昇しました。しかし17.589円付近が2月20日の高値18.402~16.261円の61.8%戻しにあたり、短期のRSIも80%を超えて高値となりました。
上昇前にレジスタンスとなった16.95円付近がサポートとなり、ここが維持できれば再度17.40円付近への上昇、下抜けした場合は一目均衡汚評の雲の位置する16.74円付近への下落を予想します。
中期的な下落トレンドは継続中です。

ZAR/JPY4時間足BIDチャート

【南アフリカランド円の予想】

ランド円は3月9日の安値5.996円から3月14日に6.712円まで上昇しましたが、再び6.33円付近に下落して、中期的な下落トレンドは続いています。
5.996~6.712円の50%戻しである6.735円がレジスタンスとなり、短期的には6.148~6.504円のレンジで推移しています。
一目均衡表の雲の上限が6.44円付近に位置し、ここが短期的なレジスタンスとなり、再度直近安値の6.148円を試す展開です。
6.148円を下抜けした場合は9日の安値5.996円を再度試しに行くと予想します。

MXN/JPY4時間足BIDチャート

【メキシコペソ円の予想】

原油価格の下落を受けてメキシコペソ円は2月20日の高値6.008円から3月24日は4.349円まで下落しました。WTIが20ドル割れから反発したこともあり4.767円付近まで上昇しています。
高値の6.008~4.349円の23.6%戻しが4.747円、一目均衡表の雲の上限が4.8円付近となり、短期的な上昇がこのレベルを上抜けできるかどうかが重要なポイントです。
RSIが80%に近づいており短期的には天井圏になる可能性がありますが、4.8円をしっかり上抜けできれば上昇トレンドが継続し、短期のターゲットは38.2%戻しの5円付近、次が50%戻しの5.185円付近となります。
4.8円が上抜けできないと4.349~4.8円のレンジ継続と思われます。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > YEN蔵の外国為替見聞録 > YEN蔵(田代岳)コラム『YEN蔵の外国為替見聞録』