FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第885回 注目はエヌビディア決算発表後の株価!?

2024年02月19日

 先週13日のNY時間にドル/円は一時150.88円処まで上値を伸ばした。その1週間前、8日の安値から見れば、3円近くも円安方向に振れたわけである。周知のとおり、その主な要因としては8日の東京時間に伝わった内田日銀副総裁の発言と13日に発表された1月の米消費者物価指数(CPI)の結果が挙げられる。
 日銀の内田副総裁は「どんどん利上げをしていくようなパスは考えにくく、緩和的な金融環境を維持していく」と表明。筆者を含めて「想定通り」との印象を抱いた向きは少なくないと思うのだが、どうやら海外勢の間では日銀の利上げ期待が思いのほか強かったらしく、市場は「想定外」で円売りと判断した。
 また、市場には1月の米CPIの結果も「想定外」と映ったようである。あらためて振り返ると、総合指数は前年比で+3.1%と前回の+3.4%を下回り、コア指数も前回から横ばいという結果。筆者の第一印象は「弱め」であったが、インフレ鈍化傾向にブレーキがかかっているようにも見えなくはない。少なくとも、市場の早期利下げ期待を正当化する内容ではなく、行き過ぎていた「期待」の修正が引き続き行われていることで、それがドルの買い戻しにつながっていると見るのが適切ということか。

 兎にも角にも、13日にドル/円が重要な心理的節目である150円処を超えてきたこと自体がインパクトとしては大きかった。結果、ショート勢は慌てて買い戻しに、目先筋は新規の買い乗せに走った。結果、かなりのストップロス・オーダーも巻き込まれたと見られ、一時的にも実勢以上にドル買いのフローが強まったものと思われる。
 過去1年ほどのドル/円の推移を振り返ると、昨年3月安値と7月安値を結ぶ以前のサポートライン(上昇チャネルの下辺)が、昨年12月の初旬以降は逆にレジスタンスラインとして意識されやすくなっている模様。それでも、足元は同ラインが150円を超える水準に浮上してきており、その意味では13日に見られた150円台後半までの上昇も許容されるところではある。ただ、こうなってくると当然、市場では財務省の介入警戒感も台頭する。実際、鈴木財務相や神田財務官らが既にけん制のコメントを発しており、その効果は「知れたもの」なのかもしれないが、やはりドル/円の一段の上値を追うことには慎重でありたいと考える向きもあろう。
 もちろん、年内の米利下げ予想が消えてなくなるはずはなく、最もタカ派寄りと見られるアトランタ連銀のボスティック総裁でさえ「9月と12月の年2回の利下げ予想」を示している。いずれにせよ「年内には利下げサイクルが始まる米国」と「そろそろ利上げに踏み切る日本」という構図に変わりはない。そして、米金利の先行きに対する市場予想の修正(ドルの買い戻し)作業も終わりが近い。実際、先週末16日に発表された1月の米生産者物価指数(PPI)は強めの結果であったものの、結局のところドル/円は上に往って来い、ユーロ/ドルは下に往って来いという展開になった。
 
 日銀による政策判断のカギを握る「春季労使交渉の集中回答日」までは、あと1カ月もない。おそらく、かなり“前向きな”数値を目の当たりにすることとなりそうだが、果たして市場は既にそこまで織り込んでいるのだろうか。もはや、マイナス金利解除については相当程度織り込んでいるとしても、解除後に一定程度の利上げが実施される可能性も大いにあるというところまでは、まだまだ織り込んでいないはずである。
 なお、今週は21日に注目の米エヌビディアが決算を発表する。相変わらずの好結果が見込まれるものの、例によって「出たらしまい(材料出尽くし)」となる可能性もあり、相前後して東京市場でもハイテク株を中心に利益確定の動きが見られる可能性はある。目先的にも日本株が一旦調整の場面を迎えるならば、ドル/円にも一定の売り圧力がかかると見ておく必要があろう。

(02/19 08:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。但し、一般社団法人金融先物取引業協会が為替リスク想定比率を算出していない通貨ペアにつきましては、一般社団法人金融先物取引業協会と同様の算出方法にて当社が算出した為替リスク想定比率を使用しております。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 田嶋智太郎コラム『外貨投資 転ばぬ先の智慧』