外国為替(各国通貨ペア情報)

  • ユーロ/ポンド情報
  • ユーロ通貨情報
  • ポンド通貨情報

チャート

ユーロ/ポンドロングチャートクリックすると拡大します


スマートフォンアプリ「HyperSpeedTouch / nano」では、リアルタイム更新のレート、チャート情報をご覧いただけます。
マネーパートナーズの口座をお持ちでない方も無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

EU(欧州連合)の概要

経済的な統合を中心に発展してきた欧州共同体(EC)を基礎に、欧州連合条約(マーストリヒト条約)に従い、経済通貨統合を進めるとともに、共通外交安全保障政策、司法・内務協力等のより幅広い協力をも目指す政治・経済統合体。国家主権の一部の委譲を前提に、域外に対する統一的な通商政策を実施する世界最大の単一市場を形成し、政治的にも「一つの声」で発言する等、従来の国際機関等とは全く異なるいわば国家に準ずる存在。

加盟国はベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、ドイツ、エストニア、アイルランド、ギリシャ、スペイン、フランス、イタリア、キプロス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、ハンガリー、マルタ、オランダ、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、フィンランド、スウェーデン、英国で、2013年7月にクロアチアが加わり計28ヶ国となった。そのうちユーロを導入しているのはオーストリア、ベルギー、キプロス、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、エストニアの17ヶ国(2013年7月現在)。

経済情勢

主要機関
1. 欧州理事会
(政治レベルの最高協議機関)
EU各国首脳、欧州理事会議長及び欧州委員会委員長により構成(通常年4回開催)。欧州連合の発展に必要な原動力を与え一般的政治指針を策定する。共通外交安全保障政策の共通戦略を決定。
2. 閣僚理事会(決定機関) EU各国の閣僚級代表により構成されるEUの主たる決定機関(総務・対外関係理事会、経済・蔵相理事会等、分野毎に開催される)。
3. 欧州委員会(執行機関) 加盟国の合意に基づき欧州議会の承認を受けた委員で構成(各国1名の計27名、任期5年)。省庁に相当する「総局」にわかれ、政策、法案を提案、EU諸規則の適用を監督、理事会決定等を執行。
4. 欧州議会
(諮問・共同決定機関)
諮問的機関から出発し次第に権限を強化、特定分野の立法における理事会との共同決定権、EU予算の承認権、新任欧州委員の一括承認権等を有する。定員は754名(2014年まで)、各国を一つの選挙区とする直接選挙(定員は各国の人口に配慮し配分、選挙方式は国により異なる)により選出。
5. 欧州裁判所 EU法体系の解釈を行う欧州連合の最高裁。憲法裁判所、国際裁判所、行政裁判所、労働・普通裁判所としての機能を併せ持つ。加盟国の合意により任命される27名の裁判官と8名の法務官(いずれも任期6年)により構成。加盟国の国内裁判所で提起されたEU法上の問題について「先行判決」を下す制度を有する。第一審裁判所もある。
6. その他 欧州中央銀行、欧州会計検査院、経済社会評議会、地域評議会、欧州オンブズマン、欧州投資銀行等が存在。

出典:外務省HP

このページの先頭へ

経済情勢と経済データ

2012年後半以降、金融市場は安定しているが経済活動は不活発。この要因は、依然としてバランスシート調整が続いていることが挙げられる。ただし、消費者、企業のマインドは改善し始めており、先行指標はEU経済が景気の底を打ったことを示唆している。また、金融市場の緊張緩和が、銀行の貸出態度を改善させることが期待される。したがって、2013年の回復は主に外需によって支えられようが、投資・消費も同年後半から回復を始め、2014年には、内需主導の成長を遂げることができると見込む。

先行きについてのリスクは、依然として下方に大きいが、(秋の見通し時に比べ)相当程度リスク均衡の方向に動いている。通貨同盟を強化し必要な調整を行うための施策を遂行することで、ソブリン危機が悪化するリスクを抑え込む必要がある。その他の下方リスクとしては、労働市場の弱さが内需に影響を与えること、改革モメンタムの低下、及び日米における中期的な財政上の課題 (still large medium-term budgetary challenge in the US and Japan) が挙げられる。上方リスクとしては、危機解決と構造改革がより早く進むケースやマインドの回復が予想以上に力強い場合が考えられる。 (2013年2月11日,欧州委員会2013年冬の経済見通し)

一般事情
総面積 423.4万平方キロメートル(日本の約11.3倍)
総人口(2012年1月1日) 5億366万人(暫定値)(日本の約4倍)
経済
1. GDP 16兆41億ドル(2012年)
2. 一人当たりGDP 32,708ドル(2012年)
3. 主要経済指標
(2013年2月22日、欧州委員会2013年冬の経済見通し)
2011年 2012年
実績見込み
2013年
見通し
2014年
見通し
実質GDP
成長率
1.5% -0.3% 0.1% 1.6%
インフレ率 3.1% 2.6% 2.0% 1.7%
失業率 9.6% 10.5% 11.1% 11.0%
財政赤字
(対GDP比)
-4.4% -3.8% -3.4% -3.1%
4. 貿易総額(EU27か国) (1)輸出:1兆5,584億ユーロ(2011年、EU域外)
(2)輸入:1兆717億ユーロ(2011年、EU域外)
5. 主要貿易相手国・地域(2011年) (1)輸出 米国(16.9%)、スイス(9.0%)、中国(8.7%)、ロシア(7%)、トルコ(4.7%)、日本(3.1%)、ノルウェー(3%)
(2)輸入 中国(17.1%)、ロシア(11.6%)、米国(11.1%)、ノルウェー(5.5%)、スイス(5.3%)、日本(4%)、トルコ(2.8%)
6. 財政 予算額(2012年)約1,291億ユーロ
 出展:外務省HP

このページの先頭へ

政策金利(定例オペ金利)

ユーロ圏の政策金利は、EUの機関の一つである欧州中央銀行(ECB)が原則毎月第1,第3木曜に開くECB理事会で決定されます。

欧州中央銀行の概要

役員会:役員会は、総裁、副総裁、理事(4名)から構成(合計6名)。政策理事会の決定・指示に沿って金融政策を実施し、ユーロ圏の中央銀行に対し必要な指示を与える。

役員会
役職 氏名 (任期満了年月) (前職)
総裁 マリオ・ドラギ 2019年10月 イタリア銀行総裁
副総裁 ヴィトル・コンスタンシオ 2018年5月 ポルトガル中央銀行総裁
専任理事 ピーター・プラート 2019年5月 ベルギー中銀理事
専任理事 イェルク・アスムセン 2019年12月 ドイツ財務次官
専任理事 ブノア・クーレ 2019年12月 フランス財務次官
専任理事 イブ・メルシュ 2020年12月 ルクセンブルク中央銀行総裁

政策理事会:政策理事会は、役員会メンバー6名とユーロ圏の中央銀行総裁13名から構成(合計19名)。金融政策を決定する権限を有するECBの最高意思決定機関。

一般理事会:一般理事会は、ECB総裁及び副総裁、ユーロ圏・非ユーロ圏の各国中央銀行総裁(25名)から構成(合計27名)。ユーロ圏と非ユーロ圏の中央銀行との協力の場。

通貨名称

1999年1月経済通貨統合(EMU)の第3段階移行に伴い、EU加盟国中11ヵ国で単一通貨“ユーロ”を導入。2001年1月にギリシャが加わり、現在の参加国は12ヵ国。2002年1月1日よりユーロ貨幣の流通が開始。ただ、イギリスを筆頭に加盟国内でもユーロ導入に慎重な動きも。

変動要因

  1. 欧州中央銀行の金融政策等が注目されます。金融政策会議は原則毎月第1,第3木曜に開かれ、政策金利等の決定が為されます。
  2. 経済指標ではユーロ圏全体及びドイツ、フランス両国が注目されます。ドイツの経済指標ではGDP、失業率、貿易収支、経常収支、IFO業況指数などが代表的です。
  3. ユーロを採用している国々の財政状態もしばしば変動要因となります。特に各国の財政赤字の拡大は、ユーロの基盤を弱めるとしてしばしば材料視されます。
  4. EU加盟国内の政治情勢も材料視されます。

政治体制

立憲君主制ですが文章化された憲法はありません。議会は上院(貴族院)、下院(庶民院)の二院制となっています。首相は下院から選出されます。2013年7月現在、首相はデービッド・キャメロン氏、中央銀行(イングランド銀行)総裁はマーク・カーニー氏。

経済情勢と経済データ

工業は発展しているものの、鉱物資源が乏しいので典型的な加工貿易国です。農業も発展しており、食糧の60%を自給しています。世界の三大市場のひとつで、金融の中心地ロンドンの「シティー」は古くから大きな役割を果たしてきました。主要貿易相手国は米、独、仏となっており、輸出品目は電気製品、機械類、石油製品等となっています。また、ヨーロッパ圏にありながらユーロの導入には慎重です。

一般事情
1. 面積 24.3万km2(日本の約2/3)
2. 人口 6,180万人(2010年)
経済(単位 米ドル)
1. 主要産業 航空機、電気機器、エレクトロニクス、化学、金属、石油、ガス、金融
2. GDP(実質) 【単位】10億ポンド
《2006年》1,328 《2007年》1,364 《2008年》1,363 《2009年》1,297《2010年》1,313《2011年》1,409
3. GDP(名目) 【単位】10億ドル
《2006年》2,447 《2007年》2,812 《2008年》2,679 《2009年》2,182《2010年》2,247《2011年》2,418
4. 一人当りGDP 【単位】ドル
《2006年》40,399 《2007年》45,118 《2008年》43,651 《2009年》34,315《2010年》36,120《2011年》39,592
5. 経済成長率(実質) 【単位】%
《2006年》2.8 《2007年》2.7 《2008年》-0.1 《2009年》-4.9《2010年》1.3《2011年》0.7
6. 消費者物価上昇率 【単位】%
《2006年》2.8 《2007年》2.3 《2008年》3.6 《2009年》2.1《2010年》3.3《2011年》4.7
7. 失業率 【単位】%
《2006年》5.4 《2007年》5.4 《2008年》5.6 《2009年》7.5《2010年》7.9《2011年》8.0
8. 輸出額 【単位】10億ユーロ
《2006年》357.3 《2007年》320.4 《2008年》312.5 《2009年》253《2010年》306《2011年》-
9. 輸入額 【単位】10億ユーロ
《2006年》479 《2007年》454.5 《2008年》430.4 《2009年》346.2《2010年》422.5《2011年》-
10. 財政収支 【単位】年、GDP比%
《2006年》-2.6 《2007年》-2.6 《2008年》-4.9 《2009年》-10.4《2010年》-9.9《2011年》-8.7
11. 主要貿易品目 (1)輸出:原油・石油製品、道路走行車両(=自動車)、医薬品、発電機
(2)輸入:原油・石油製品、道路走行車両(=自動車)、電気通信機器、録音・音声再生装置
主要貿易相手国:ドイツ、米国、オランダ、フランス、中国

出典:外務省HP

政策金利(レポ金利、市場貸出金利とも)

日本における日本銀行にあたるのがイングランド銀行(BOE)であり、政策金利を始めとする金融政策はBOEに設置されている金融政策委員会(MPC)で決定されます。定例会合は原則として毎月一度、上旬の水・木曜日に開催されます。MPCのメンバーは総勢9人で、それぞれ平等に1票ずつ有しています。会合の議長は総裁が務め、最後に票を投じるのも総裁です。これは決定投票となった場合、その票を実際上の決議とするためです。会合の議事録は2週間後の水曜日に発表されます。

通貨名称

正式名称は“スターリング・ポンド”。 “ポンド”は古代ローマ時代のポンドゥス(Pondus)で、当時重さ1ポンドゥスの銀から銀貨が作られ、イギリスでも、1ポンドの銀から銀貨を作ったことがその由来となっています。またこの由来もあって“スターリング(Sterling)”の意味は「正真正銘」とか「純銀の」という意味合いがあります。日本では単に“ポンド”と呼称されることが多いようです。他にも略称としては“スターリング(或いはスターリン)”や“ケーブル”とも呼ばれます。“ケーブル(Cable)”は昔英と合衆国の間に海底ケーブルを使った通信手段があり、大西洋間のケーブル(電信)でポンドのレートを知らせてきたからという由来からきています。ただ最近ではケーブル(Cable)”は市場関係者でも使う人は少なく、どちらかと言うと、為替のベテランの方にその呼び名が残っているようです。表記では£、GBP。

変動要因

変動要因としては自国の経済指標、金利動向により敏感に反応します。経済指標としてはGDP、完全失業率、貿易収支、製造業生産高、消費者物価指数、小売物価指数などあります。高金利通貨として原則毎月第1水・木曜日に開催される、英中銀金融政策委員会(MPC)による政策金利の発表も注目されます。また、イギリスが北海油田を持っていることから、しばしば石油価格の変動の影響を受けることがあり、政治的側面を見ると9.11テロ以降米国と親密な関係を保っていることからポンドが米ドルの動きにやや連動して動くケ-スもみられます。短期的にせよ、長期的にせよ、値動きが非常に荒っぽく、また、変動幅も大きいので注意が必要です。

イギリスの祝日
1月1日 ニューイヤーズデー(元旦)
4月ごろ(移動祝日) グッドフライデー(聖金曜日)
イースターマンデー(復活祭月曜日)
5月第1月曜日 アーリーメイバンクホリデー(五月祭)
5月最終月曜日 スプリングバンクホリデー(五月祭終り)
8月最終月曜日 サマーバンクホリデー(夏季銀行休業日)
12月25日 クリスマス
12月26日 ボクシングデー(プレゼントをする日)
  • ユーロ/ポンド情報
  • ユーロ通貨情報
  • ポンド通貨情報

このページの先頭へ