FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第567回 ~消えつつある介入懸念~

2024年02月28日

ドル円は現在(18:00)150.78円、年初来高値150.88円(2/13)は目の前だ。これまで日本政府のドル売り介入懸念からドル買いを進めることに慎重だった市場が、覆ってきた。今の世界の経済環境が、介入があっても政府自らがファンダメンタルズに逆らうことになるとの認識が広がってきたと、変化してきたのではないだろうか。その意味で、真のポジション・テイカーは「今は介入を待っている」、その時こそ安くなるドルを買う時だと、戦略転換しているとの思いが強くなってきた。

さて、お金は高い所に流れる、が筆者の基本的な考え方である。高い所とは、信用・成長・金利であるが、現在の日本に限って言えば、いずれも日本は全然高くない。GDPがドイツに抜かれ世界4番目になり、次はインドにも抜かれるとの報道があったばかりである。過去20年以上デフレ経済で成長がほとんどない。為替市場は将来を先取りする市場と言われ、円買いは、日銀の緩和政策の終了でマイナス金利の解消から金利のある政策に転換する見通しにより作り出されてきた。筆者もその考え方で、年初の予想でも米国が利下げ、日本が利上げと日米金利差が縮小を続けることになり、2024年末は130円台の可能性があると予想していた。

今年こそ日本も成長を始めると思っているが、先月末IMFから発表された成長率見通しでは、それが覆されている。米国が+2.1%(2024年)、+1.7%(2025年)に対し、日本は+0.9%、+0.8%と低いまま。一方インドは、両年とも+6.5%の成長が見込まれている。日本のGDPがドイツに抜かれ世界4番目になったことも発表になった。円安になってドル換算が低下したことが主な理由との説明があるが、為替相場も含めてこれが日本の実力である。円買いは資産運用の観点から適当ではないと、烙印を押されたと同じである。

加えて、米国から届いたリセッション懸念の消滅には驚いた。景気見通しの正確さで定評のある米大手調査機関のコンファレンスボード(CB)が先週1月景気先行指標を発表したが、指標が好転したとしてリセッション・シグナルが消滅と宣言した。総合指数は22カ月連続して下落しているが、10個の構成項目のうち6個がプラス圏に浮上、2024年のGDPは第2-3四半期にはゼロ成長になるが、マイナスにはならないとの見解であった。10個の内訳のうち、主要な項目で新規注文や住宅関係などが好転していた。

そして本日からサンパウロで開催されるG20財務省・中央銀行総裁会議の声明草案が明らかになり、世界経済のソフトランディングの可能性は高まった、との案が出てきていると言う。とすれば、米国の優位は継続、FRBの利下げも後ズレになる可能性が高くなる。これが世界経済の主流であり、ファンダメンタルズ的に日本の低下は免れないことになる。まさにノルムが変わった、円は売られる方向に傾いてきた。

筆者は株式の専門家ではないが、インターマーケットの重要な柱であり、常に動向はフォローしている。1989年のバブル下の高値を越えても、天井感が見えない。小刻みながらも毎日史上最高値を更新している。まさに進出領域を一歩ずつ拡大している。未知の領域に入った時に、為替取引で筆者はよく使っているが、「それまでのレンジの高値を越えた時は、そこが新しいレンジの一番安値。まず買いから入る。」と言っている。今の株式市場が、まさにそのような状態と見ている。毎年年初に4金融市場の主要相場の年間見通しを出しているが、日経平均の年間予想は高値40,000とした。もはや40,000円は壁でなく、通過点がコンセンサスになりつつある。

翻って、ドル円相場を見ると、151.94円を超えると、次の相場は今から34年前1990年に辿り着く。1990年の高値は4月の160.20円だが、その前に6月の155.80円の節目がある。一気に155円になるとは思えないが、株が約34年の往って来いとなっていることを思えば、無視できることではないと気を引き締めている。

さて、今後1週間の相場予想だが、ドル円は149.80-151.50円と下値は堅く、150円台は続くと予想する。ユーロドルは1.0700-1.0900、また対円でも161.50-164.00円と先週と同じと予想。そして英ポンドドルは1.2550-1.2800とポンド高を予想する。

(2024/2/28、 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・SBI新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。但し、一般社団法人金融先物取引業協会が為替リスク想定比率を算出していない通貨ペアにつきましては、一般社団法人金融先物取引業協会と同様の算出方法にて当社が算出した為替リスク想定比率を使用しております。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 小池正一郎コラム『為替大観』