FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

リスクオンの新興国高はまちまちの動き

2020年11月27日

新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント


【トルコリラの材料と予測】

先週はトルコ中銀の利上げによってリラが堅調に推移しました。しかし今週はトルコの地政学的リスクが再び注目されています。
地中海でEUの監視任務に就いていたドイツのフリゲート艦が22日にトルコの貨物船に同意なしで乗り込み検査を行いました。トルコは公海上の民間船への強制検査は国際法違反に当たるとしてドイツ、EU大使を呼び出して抗議しました。
ドイツは国連安保理の決議に違反してリビアに武器を密輸する疑いのある船の検査だったとしています。ドイツ側は密輸の疑いのある船舶の検査をトルコが妨害したとしています。トルコはリビアへの武器を密輸しているとの疑いが浮上しています。
資源探査をめぐってEUと対立している中で、さらに対立を加速する事態はトルコリラにとってはマイナス材料です。

USD/TRY 1時間足BIDチャート

ドルトルコリラはトルコ中央銀行の利上げを受けて7.4879リラまで下落してリラ高が進みました。しかしそこから8.0267リラまで反発し7.8640付近で推移しています。
トルコを取り巻く環境はインフレだけでなく経常収支の赤字、地政学的リスクなど様々あり、中銀の利上げでとりあえずリラの急落を押さえましたが、今後リラが恒常的に上昇するためにはまだ課題の解決が必要なようです。
8リラ付近が短期的なレジスタンスとなれば7.5~8リラのレンジが予想されます。

TRY/JPY 4時間足BIDチャート

リラ円も中銀の利上げを受けて13.829円まで上昇しましたが、その後12.928円まで下落し13.217円付近で推移しています。
12.91付近は11月6日の安値11.999から19日の高値13.829円の50%戻しに当たり、ここが短期的なサポートとして機能しています。一方で13.30付近が上昇後のサポートになっていたところで短期的なレジスタンスなっています。12.91付近のサポートが維持できれば12.91~14円のレンジ、12.91を下抜けした場合は61.8%戻しの12.70付近への下落を予想します。


【南アフリカランドの材料と予測】

20日のレビューで南アフリカは格下げとなりました。しかも予想されていた大手格付け会社ムーディーズだけではなく、フィッチも格下げに動きました。
ムーディーズは格付けをBa1からBa2に格下げ、見通しはネガティブとしました。S&Pは格付けをBB-に据え置き、見通しをネガティブとしました。フィッチは格付けをBBからBB-に引き下げ、見通しはネガティブとしました。
南アフリカはすでにジャンク級となっているために、この格下げの決定に対して週明けの為替市場はあまり反応しませんでした。
ムボウェニ財務相はこの格下げに対して、コロナの感染というある意味不可抗力の事態の中での格下げであると不満を述べました。
25日に発表された10月の消費者物価指数は前年比3.3%となり前回、予想の3%を上回りました。26日に発表された生産者物価指数は前年比2.7%と前回、予想の2.5%を上回りました。両指標を見る限り物価はジワリ上昇してきています。

USD/ZAR 1時間足BIDチャート

ドルランドは26日に15.0894ランドまで下落しましたが、ここで反発し15.2329まで上昇しました。日足ベースでみるとRSIがダイバージェンシーして底打ちの気配があります。節目の15がサポートされれば15.30付近への反発を予想します。

ZAR/JPY 日足BIDチャート

ランド円もRSIがややダイバージェンシー気味になっていて天井圏になる可能性があります。しかしレジスタンスの6.7円付近がサポートして6.909円に上昇しています。ここがサポートできれば7円付近への上昇を予想します。


【メキシコのペソの材料と予測】

メキシコペソはドル安の流れもありペソ高が進んでいます。今週発表された指標は24日発表の10月の失業率は4.7%と前回の5.1%、予想の5%から改善しました。25日発表の9月小売売上高も前月比2.7%と前回の2.55、予想の2%から改善しました。26日に発表された第3四半期のGDPは前年比-8.6%と前回の-18.7%から改善が見られました。
メキシコのコロナウイルス感染はあまり抑えられていませんが、経済は改善の兆しが見えてきています。

USD/MXN 1時間足BIDチャート

ドルメキシコペソは26日に19.9282まで下落しました。日足ベースのRSIはダイバージェンシーしており、底値圏の可能性もあります。節目の20割れがサポートされており、このレベルが維持されれば20.17付近への反発を予想します。

MXN/JPY 日足BIDチャート

ペソ円は11月9日の高値5.236、11月26日の高値5.235円と、このレベルがレジスタンスになっています。短期的には5.12円、そこを抜けると5円付近がサポートと予想され5~5.25円のレンジを予想します。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > YEN蔵の外国為替見聞録 > YEN蔵(田代岳)コラム『YEN蔵の外国為替見聞録』