FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外国為替(各国通貨ペア情報)

  • オーストラリアドル/米ドル情報
  • 豪ドル通貨情報
  • 米ドル通貨情報

チャート

オーストラリアドル/米ドルロングチャートクリックすると拡大します


スマートフォンアプリ「HyperSpeedTouch / nano」では、リアルタイム更新のレート、チャート情報をご覧いただけます。
マネーパートナーズの口座をお持ちでない方も無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

政治体制

英連邦に属する立憲君主制。元首はイギリス国王ですが通常は連邦総督が女王代行を勤めます。元首の権限は儀式程度に限られていて、日本の天皇のように象徴的な存在です。議会は上院、下院の二院制です。 2013年7月現在、首相はケビン・ラッド氏(第2次)。

経済情勢と経済データ

オーストラリアは世界でも有数の資源国。特に鉱物産業の輸出は世界でもトップクラスにあり、オーストラリア経済に大きく貢献しています。石炭、ボーキサイト、金、銀、鉛、マグネサイト、石炭石などの採掘が大規模に行われていますが、未開発鉱山がたくさん残っています。また、資源の豊富なオーストラリアの鉱山会社を買収・投資する海外企業が多く、日本の証券会社が個人向けに高金利のオーストラリアの債券を販売するケースも目立ちます。

一般事情
1. 面積 769万2,024km2(日本の約20倍、アラスカを除く米とほぼ同じ)
2. 人口 約2,294万人(2013年3月。豪州統計局)
経済(注:豪州の会計年度は7月1日より翌年6月30日まで)
1. 主要産業 農林水産業(2.3%)、鉱業(7.4%)、製造業(8.1%)、建設業(7.7%)、卸売・小売業(8.6%)、運輸・郵便・倉庫業(5.1%)、金融・保険業(9.7%)、専門職・科学・技術サービス(6.6%)、メディア・通信(6.6%)など(2010-11年度のGDPシェア、豪州統計局)
2. 名目GDP 1兆2,355億米ドル(2010年、IMF World Economic Outlook 2011)
3. 一人当たりGDP 55,590米ドル(2010年、IMF World Economic Outlook 2011)
4. 実質GDP成長率(%) 3.0%(2004/05年度)
3.1%(2005/06年度)
3.6%(2006/07年度)
3.8%(2007/08年度)
1.4%(2008/09年度)
2.3%(2009/10年度)
1.9%(2010/11年度)
5. 消費者物価上昇率(%) 3.2%(2005/06年度)
2.9%(2006/07年度)
3.4%(2007/08年度)
3.1%(2008/09年度)
2.3%(2009/10年度)
3.1%(2010/11年度)
1.2%(2011/12年度)
6. 失業率(年度末)(%) 4.9%(2005/06年度)
4.3%(2006/07年度)
4.3%(2007/08年度)
5.8%(2008/09年度)
5.1%(2009/10年度)
5.0%(2010/11年度)
5.0%(2011/12年度)
7. 財政収支(億豪ドル) 122(2004/05年度)
166(2005/06年度)
169(2006/07年度)
210(2007/08年度)
-297(2008/09年度)
-537(2009/10年度)
-515(2010/11年度)
8. 経常収支(億豪ドル) -570(2004/05年度)
-541(2005/06年度)
-584(2006/07年度)
-731(2007/08年度)
-373(2008/09年度)
-560(2009/10年度)
-332(2010/11年度)
9. 総貿易額
(2011/12年度)
貿易総額:6,268億豪ドル
(1) 輸出:3,158億豪ドル
(2) 輸入:3,110億豪ドル
10. 主要貿易品目
(2011/12年度)
【輸出】
(1)鉄鉱石(19.9%) (2)石炭(15.2%) (3)金(5.3%)
【輸入】
(1)個人旅行サービス(7.2%) (2)原油(6.7%) (3)乗用車(5.1%)
11. 主要貿易相手国
(2011/12年度)
【輸出入】
1.中国20.7% 2.日本12.1% 3.米国9.0%
【輸出】
1.中国26.1% 2.日本16.84% 3.韓国7.5%
【輸入】
1.中国14.6% 2.米国13.4% 3.日本7.2%

出典:外務省HP

このページの先頭へ

政策金利(キャッシュレート)

オーストラリアの政策金利は、原則として毎月第1火曜日に開かれるオーストラリア準備銀行(The Reserve Bank of Australia、略称: RBA)の金融政策会議で決定されます。2013年7月現在の総裁はグレン・スティーブンス氏。

通貨名称

“オーストラリアドル”(オージー、AUDと略されます)。歴史的背景から通貨単位としてポンドが用いられていた時期もありましたが、1966年に通貨単位が変更されました。

変動要因

世界有数の資源国であることから資源国通貨としてしばしば農作物、貴金属、原油などの商品相場の影響を受けます。経済指標としては、GDP、完全失業率、貿易収支、消費者物価指数、生産者物価指数などが注目されます。また、金利水準が他国に比べ高いことから金利妙味の需要で変動することがあるのも特徴です。原則毎月第一火曜日に開かれる豪州準備銀行の金融政策会議の決定内容も注目されます。

オーストラリアの祝日
1月1日 ニューイヤーズデー(元旦)
1月26日 オーストラリアデー(建国記念日)
4月ごろ(移動祝日) グッドフライデー(聖金曜日)
4月ごろ(移動祝日) イースターマンデー(復活祭後の月曜日)
4月25日 アンザックデー(戦没者慰霊記念日)
6月第2月曜日 クィーンズバースデー(女王誕生日)
12月25日 クリスマス
12月26日 ボクシングデー(プレゼントをする日)

政治体制

連邦共和制。議会は上院、下院の両院制です。アメリカは徹底した三権分離で、大統領といえども立法を司る議会には直接影響を与えることはできません。現在の大統領は第44代バラク・オバマ氏(2013年1月20日再任)。

経済情勢と経済データ

・アメリカでは、景気は緩やかな回復傾向となっている。先行きについては、緩やかな回復傾向で推移すると見込まれる。ただし、財政問題への対応による影響等に留意する必要がある。

一般事情
1. 面積 371.8万平方マイル(962.8万平方キロメートル、50州・日本の約25倍)
(内水面18.1万平方マイル)
2. 人口 3億875万人(2010年4月米国国勢局推定)
経済(単位米ドル)
1. 主要産業 工業(全般)、農林業(小麦、トウモロコシ、大豆、木材他)、
金融・保険・不動産業、サービス業
2. GDP 15兆6,850億ドル(名目、2012年)
3. 一人当たりGDP 49,922ドル(名目、2012年)
4. GDP成長率 1.8%(実質、2013年第1四半期 確定値)
5. 消費者物価指数 1.4%(2013年5月対前年同月比)
6. 失業率 7.6%(2013年5月)
7. 貿易額
(2012年、財貨のみ)
【1】輸出:15,612億ドル(前年比+4.4%)
【2】輸入:23,027億ドル(前年比+2.8%)
8. 主要貿易品目 【1】輸出
自動車、同部品、半導体
コンピューター関連製品、航空機、電気機器
 【2】輸入
自動車、同部品、原油
コンピューター関連製品、医薬品、衣料品
9. 主要貿易相手国・地域 【1】輸出
カナダ、メキシコ、中国、日本、イギリス
【2】輸入
中国、カナダ、メキシコ、日本、ドイツ
出展:外務省HP

政策金利(フェデラルファンド金利)

フェデラルファンド(FF)レート目標値は、2006年6月までの2年間に渡り計17回連続引き上げられ、1年あまりの間5.25%に据え置かれていましたが、2007年9月以来断続的に引き下げが行われ、2008年12月にはほぼゼロ金利となりました。 政策金利の決定は、年8回開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)で短期金利の指標であるFF金利の誘導目標が決められます。FOMCは、議長・副議長を含むFRB理事全員と5名の地区連銀総裁にて構成されていますが、地区連銀総裁については、常任であるニューヨーク連銀総裁を除く11地区の連銀総裁のうち、毎年4名が持ち回りで参加する輪番制となっています。

2016年FOMCメンバー
ジャネット・L・イエレン FRB議長
スタンレー・フィッシャー FRB副議長
ジェローム・H.パウエル FRB理事
ダニエル・K.タルーロ FRB理事
ラエル・ブレイナード FRB理事
ウィリアム・C.ダドリー ニューヨーク連銀総裁
ジェームズ・B・ブラード セントルイス連銀総裁
エスター・L・ジョージ
カンザスシティ連銀総裁
ロレッタ・J・メスター
クリーブランド連銀総裁
エリック・S・ローゼングレン
ボストン連銀総裁

通貨名称

“米ドル(USD、$と表記される)” 建国前のアメリカはイギリスの植民地でしたが、小麦やタバコをスペイン領の植民地などに密貿易し、代金をスペインのダレラ銀貨で受取っていたので、このダレラ銀貨がアメリカに広く流通していきました。アメリカのdollar「ダラー」はこのダレラの発音が変化したもので、日本では「ダラー」の発音がさらに変化して「ドル」と呼ばれるようになったと言われています。

変動要因

基軸通貨としての米ドルは政治・経済情勢、金利・株価動向など多数の要因で動きます。また多数の国が世界経済のリ-ダ-である米国の景気に左右されるため、米国の経済指標は為替市場参加者にとって大きな注目点です。重要な経済指標としては雇用統計、GDP、消費者物価指数、貿易収支、経常収支などが挙げられます。また、バーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長をはじめとしたFRB役員の発言もしばしば市場を動かす要因になっています。

アメリカの祝日
1月1日 ニューイヤーズデー(元旦)
1月第3月曜日 マーティン・ルーサー・キング誕生日
2月第3月曜日 プレジデントデー(大統領の日)
5月最終月曜日 メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)
7月4日 インディペンデンスデー(アメリカ独立記念日)
9月第1月曜日 レイバーデー(労働者の日)
10月第2月曜日 コロンブスデー
11月11日 ベテランズデー(復員軍人の日)
11月第4木曜日 サンクスギビングデー(感謝祭)
12月25日 クリスマス
  • オーストラリアドル/米ドル情報
  • 豪ドル通貨情報
  • 米ドル通貨情報

このページの先頭へ