FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第878回 円高が進むと、結果、日銀は動きにくくなる!?

2023年12月11日

 ずっと違和感を覚えていた。11月に入ってドル/円が再び152円近辺まで上値を伸ばす場面があったことに対してである。そのため、筆者は本欄で11月初旬からしばらく「ドル/円は手掛けにくい状態」と述べ、当座の戦略としてはクロス円の戻り売りが有効であろうとした。そして、11月下旬からはクロス円に加えてドル/円についても戻り売りスタンスで臨むことをお勧めしてきた。
 むろん、スワップポイントの支払い負担が生じることも考慮し、あくまで「短期的スタンスで」との条件付き。少なくとも、もう一段の上値を取りに行こうなどという無用な“野心”を抱くことは、一人のFX投資家として個人的にも封印してきた。

 誰もが「そろそろ日銀が具体的な動きを見せてもおかしくない」と考えていたはずである。1カ月ほど前から、日本経済紙面上でも「想定より“出口”は近いかも」といったような趣旨の記事をよく見掛けるようになっていた。
 11月3日付の日経電子版では清水功哉編集委員が、自身の17年前の苦い経験をもとにして、非常に示唆に富む寄稿(「17年前の教訓 日銀利上げ、物価予測公表と同時と限らず」)を行っている。そのなかには、17年前の日銀について「米国の利上げの打ち止め感が出て円高圧力が強まる前に(量的金融緩和の解除に)動いた方が賢明だった」との一文がある。果たして、日銀は今回、今週行われる米連邦公開市場委員会(FOMC)の日程を考慮して、事前に具体的動きを見せたのであろうか。
 それにしても、植田日銀総裁が発した「年末から来年にかけて一段とチャレンジングになる」という文言は、それこそ“チャレンジング”に過ぎたように思われてならない。なにしろ、当局が最も警戒する「為替レートのボラティリティ上昇を招くリスク」を自ら犯してしまう結果となったのである。

 もっとも今回、ドル/円が一時的にも142円割れの水準まで下押ししたことについては、少々過剰な反応であったと言える。もちろん、事前に投機筋による円ショートがかなりのボリュームで積み上がったままの状態になっていたことも一因と考えられる。だからこそ、植田総裁に対しては「他に何か良い言いようはなかったのか」と思えるのだ。
 とまれ、その積み上がったポジションが一気に解消されたことに加えて、数多くのストップロスが巻き込まれたことと、少なからぬFX投資家が相次いで「ロスカット発動」の憂き目にあったことも一時的な下げを必要以上に大きくする要因となった。つまり、物理的に一時下げ過ぎた部分もあったということである。

 筆者は前回、ドル/円について「7月安値から直近高値までの上げに対する38.2%押しの水準=146.30円何処から50%押しの水準=144.60円処あたり」までの下げを想定した。実際のところ、先週7日と8日の日足ロウソクは長い下ヒゲを伴う格好となりながら、週末には50%押しの水準を少し上回るレベルに落ち着いた。
 とりあえず、ここからは少し様子を見たい。今週のFOMCと来週の日銀金融政策決定会合を通過するまでは少々デンジャラスなタイムゾーンと心得ねばなるまい。あえて挑戦するのであれば、ドル/円と同じように長い下ヒゲを伸ばして結果的に週末8日は陽線を描いたポンド/円の短期ロングということになろうか。
 この期に及んで留意しておきたいのは、結果的に為替が円高方向に大きく振れたことで輸出関連企業などの収益見通しがやや下振れすることになり、それが24年の賃上げの行方に対してマイナスに作用しないかということである。今回も「賃上げは不十分」となれば、そのおかげで日銀が動きにくくなることも十分にあり得る。自らの言動が自らの選択に制約をかけてしまいかねないということである。

(12/11 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。但し、一般社団法人金融先物取引業協会が為替リスク想定比率を算出していない通貨ペアにつきましては、一般社団法人金融先物取引業協会と同様の算出方法にて当社が算出した為替リスク想定比率を使用しております。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第878回 円高が進むと、結果、日銀は動きにくくなる!?