FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第446回 ~テーパリングを動かすデルタの威力~

2021年08月25日

停滞しているドル円相場もいよいよブレーク間近か!日足でみると、形はまだ不完全だが、収束地点に向かって日足のレンジを縮めている。新たなレンジを作るきっかけにちょうどいいのが、今週のジャクソンホール会議とみていた。しかし今週になって状況に変化が出てきた。そこで、筆者は予想を変えた。結論として、来月のFOMC(9/21-22)までこのままレンジ相場で推移すると考えた。

その大きな根拠が、先週末に発表になったジジャクソンホール会議(中央銀行経済シンポジウム)の日程変更である。筆者もそうだが、市場関係者の多くは肩透かしを食ったのではないだろうか。いよいよジャクソンホールだ、と思っていたら、まさかの「日程変更」である。

既に公になっているが、当初の26-28日の3日間の対面会議が、27日(金)一日だけで、かつオンラインでの会になった。理由は「新型コロナの感染拡大からの影響回避」。20日に主催者のカンサスシシティ連銀から発表になった。では、FRBパウエル議長の講演はどうなった? と調べてみたら、27日の午前10時(米国東部時間、日本時間で27日午後11時)開始とわかった。FRBのカレンダーで既に予定されている。議長の講演は会議のメインイベントなので、はずすわけにはいかないだろう。なお、他の講演者のスケジュールは、前日26日の夜8時(米国東部時間)に発表される。

この発表を受けて、市場の空気も少し変わってきたように感じる。テーパリング開始は急がないのではないか、という変化である。一時は、早ければジャクソンホールで今年中に開始、9月のFOMCで正式決定の示唆があるとの見方が高まっていた。しかし延期の要因や、現在の景気動向、インフレ見通しなどから、FRBは急がない、いや、急げないという見方に傾き始めたと読んだ。

その理由として新型コロナ、デルタ株の感染拡大は大きい。その象徴が「10月までの渡航を控えるよう要請する」と、昨日24日に発表したハワイ州である。ワクチン接種により日常生活の正常化が進んでいたところに規制が発令され、米国経済の停滞、後退が一気に高まってきた。これまで発表された経済指標を見ても、雇用統計までは明るい希望が出ていたが、それ以降の指標は、ことごとく景気のトップアウトを懸念させるような数字だ。

急落したミシガン大学消費者態度指数に始まり、前月比(以下同じ)マイナス1.1%の小売り売上高、マイナス7.0%の住宅着工と続き、おひざ元の地区連銀の製造業景況感も軒並み前月比悪化している。NY連銀は+41→+18.3(7月→8月、以下同じ)、フィラデルフィア連銀は+21.9→+19.4、リッチモンド連銀は+27→+9.0となっている。この後退傾向はFRBNYが毎週公表している「週次経済指数(weekly Economic Index)」でも明らかだ。4月24日の11.87%をピークに毎月低下し、最新数字は7.82%(8月21日)と低下を続けている。

FRBとしては物価は高止まり、インフレ高進への懸念は相変わらず残っているので、さらなる緩和は行わないとしても、緩和の手を緩めるには慎重にならざるを得ないのではなかろうか。最近もテーパリングの早期実施の考えを示していたダラス連銀のカプラン総裁(今年は投票権無し)も、この自説に対し調整する必要性を表明している。

いずれにしても27日のパウエル議長の講演は注目していかなければならない。講演はカンサスシティ連銀のYouTubeアカウントでLive中継される。
(アドレスはhttps://www.youtube.com/user/KansasCityFed [YouTube]。FRBのホームページから検索できるので、確認してください)


そこで、今後1週間の相場見通しは、ドル円はレンジの109.00~110.50円と予想。またユーロは、対ドルで先週より小幅ドル安の1.1680~1.1880、対円では先週と同じく128.00~130.00円と予想。英ポンドは先週と同じ1.3675~1.3875と予想する。

(2021/8/25, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会